メニュー

研修生に聞きました

本田 渉さん(東京都出身)

なぜ山都町を選んだのですか?

有機農家が数多く存在し、町としても有機農業を推進しているからです。

なぜ研修制度を受けたのですか?

受入農家が有機農業をされており、より実践的な有機農業を学ぶのに最適だと考えました。

研修を受けてみての感想は?

受入農家の懇切丁寧な指導には、大変感謝をしています。集合研修でもBLOF理論による有機農業について学べて、他にも農業の基礎的な事項も座学でカバーされており、バランスが良いと思います。

どのような農家になりたいですか?

良質で安心安全な農産物を作りたいと考えており、有機野菜はそうした自分の作りたいものにー番近いと感じています。ー方で、慣行農法についても現在はある程度理解しており、有機JASの認定を受けた農家になりたいと思いつつも、状況を見ながら柔軟に農業経営をできる様にしたいです。

城崎 真理さん(神奈川県出身)

なぜ山都町を選んだのですか?

もともと九州と有機農業に興味があり、すでに山都町に移住して農業で成功している方(ロールモデルになるような方)がいたからです。また、移住後もサポートしてくれる人がいること、そして、実際に町を訪れたときに同年代の方数人と会い、「町を盛り上げたい」という意気込みを感じた(この町はこれから面白くなるという予感)からです。

なぜ研修制度を受けたのですか?

農業の知識が無かったので、就職する前に農作業経験を積みたかったんです。ちょうど山都町で研修機関を立ち上げるとのお話をいただき、受入農家さんには有機農業をされている方もいたので、この研修機関にお世話になろうと考えました。移住先を迷っている状態だったら全県をカバーする研修機関を選んだかもしれませんが、迷っていなかったので、地元に密着した研修機関の方がいいとも考えました。

研修を受けてみての感想は?

当初の目的だった資金交付や農作業経験も得られていますが、ほかにもたくさんの収穫がありま す。受入農家さんや地元出身の従業員さんとー緒に働き、会話しているうちに、「山都町で暮らしていく」心構えが身についてきました。また、集合研修では役場の関係部署の方や地元の先進農家さんとのつながりを作っていただきました。今後、山都町で農家としてやっていくためには、人とのつながりはとても大切だと思うので、助かっています。

どのような農家になりたいですか?

細く長く農家生活を楽しんでいきたいです。規模拡大よりも、心身の健康第ーで長く続けたいし、地域貢献もできるようになりたいです。このまま何もしなければ、人口が減り、獣が増え、住めない町になる可能性もあると思うので、危機感を持つ人たちで協力して地域デザインができるといいなと思います。あと、「移住や農業に興味がある都会の人に、遊びに来てもらう家にしたい」などなど妄想はふくらみます。(笑)

上田 裕之さん(富山県出身)

なぜ山都町を選んだのですか?

農業研修を受ける以前から山都町に住んでいて、研修先(研修機関の受入農家)が近かったからです。また、有機農業を学びたいと思っていたので、有機農家が多いと知って、興味がわいたためです。

なぜ研修制度を受けたのですか?

全く農業の経験がなかったので、研修期間中に農業の知識や経験はもちろん、販売先を探したり、人脈を作ったり、独立就農後にスムーズに経営を開始するために必要なことを学ぶためです。

研修を受けてみての感想は?

当初、研修をして学びたいと思っていたこと以上のものを得ることができて、大変満足しています。これは受入農家である大隈さんのおかげである部分が大きいと感じています。
ー方で研修機関としては、研修生と受入農家の窓口という役割だけでなく、研修内容や設備、施設等をもっと充実させて欲しいと思います。

どのような農家になりたいですか?

農業という職業を通して、地域や社会に必要とされるような存在でありたいと思います。また、有機農業を志す上でただ無農薬というだけでなく、機能性も優れた作物を栽培できる技術を習得して、人々の健康や幸せを支えられるような農家になりたいです。

農業インターンシップ・
農業体験も可能です

山都町の農業に関心のある方については、1週間〜1ヶ月程度でインターンシップの受け入れを行っています。経験は問いません。将来農業を志すことを前提とした方から、農業を体験したい方まで幅広く受け入れています。詳しい内容は、山の都地域しごとセンターまでお問合せください。

山都地域担い手育成
総合支援協議会

お電話でのお問い合わせ

山の都地域しごとセンター

お電話でのお問い合わせ